お風呂場でパック

お風呂場でパック

乾燥がひどくなってくる冬場。お風呂も夏場はシャワーしかあびない私も、冬はゆっくりと温まりたいので、湯船につかります。体と髪を洗い、最後に浴槽に入り、半身浴スタイルで20分以上入るときに、顔にシートパックをします。全身に血がめぐり、毛穴も開いているこの瞬間に、シートパックを通して美容液を肌の奥まで浸透させることが目的です。

 

シートパックを部屋で行うとなると、忘れてしまったりめんどうになったりしてしまいますが、お風呂は毎日入るので、時間を有効活用でき、お肌も潤い一石二鳥です。シートパックは、毎日使うので高価なものではなく、数十枚入って千円ほどの安いものを使います。続けるためにはコストパフォーマンスも必要です。

 

そしてお風呂から上がったら、化粧水・乳液で肌を整えます。どんどんお肌から水分が奪われてしまうので、なるべく早く乳液まで塗って、お肌にふたをしてあげることが重要です。

 

毎日の習慣の中で少し工夫して、時間を節約しながら保湿をすることが、何年後かのお肌に違いが表れてくることにつながると思います。

 

 当サイトおすすめの保湿クリームランキングはこちら